オリジナルの旨味と風味!「昆布茶チーズ」【自作チーズ8】

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2021.01.12

チーズは牛乳を固めてからしぼって作りますが、実は意外と簡単に自作することができます。その方法は大きく分けて3通り、酢やレモンなどの酸を使って固める方法、乳酸菌で固める方法、レンネット(乳を固める作用のある酵素)で固める方法です。今回はチーズの乳酸菌で作ります。その種チーズには、乳酸菌が生きているナチュラルチーズを使います。
作る過程で昆布茶を入れることで、昆布茶の風味が生きたチーズができます。自作ならではのオリジナリティあふれるチーズを味わてみてください。

 

【関連記事】
梅の季節到来!「梅酒のフレッシュチーズ」の作り方【自作チーズ1】
目からウロコ?! チーズでチーズを作る【自作チーズ2】
ほんのり桜の香り! 桜チーズの作り方【自作チーズ3】
低カロリーで高タンパク!「豆乳チーズ」【自作チーズ4】
クリスマスのオードブルに!「ワインチーズ」の作り方【自作チーズ5】
外干しでセミハード風に!「寒風チーズ」【自作チーズ6】
ブリーチーズで成功!「白カビチーズ」【自作チーズ7】

 

昆布茶チーズの作り方
今回はナチュラルチーズの中から白カビチーズに属するカマンベールチーズを使います。工程中、昆布茶を最初に入れていますが、より昆布茶風味を出すなら、水分を切った4の段階で混ぜ込んでください。

 

【材料】
・牛乳:1000ml
・カマンベールチーズ:20g
・塩:5g程度
・昆布茶:大さじ1

 

【作り方】
1./種にするチーズをみじん切りにする。

種チーズをみじん切りにする

 

2./鍋に牛乳と1、塩、昆布茶を入れてよく混ぜ、40℃ぐらいまで温めてから保存容器に入れる。

温かいうちに保存容器に入れる

 

3./電気アンカかコタツ、カイロ、ヨーグルトメーカーなどで保温しながら半日~1日置いてヨーグルトを作る。

アンカで保温する

 

固まってヨーグルトができる

 

4./ザルにさらしを敷き、固まった3をあけて水を切る。昆布茶の風味を強く出したい場合は、最初に昆布茶を入れずに、水が切れた段階でボウルなどにあけ、昆布茶を入れてよく混ぜる。

時間をかけて水を切る

 

5./4の水が切れたら、さらしでぎゅっと包み込み、冷蔵庫で休ませて出来上がり。

昆布茶チーズの出来上がり

 

先日ご紹介したこねないパンにつけたり、中身に入れて焼いてもまろやかでとてもおいしく出来上がります。

クリーミーでコクがある

 

昆布茶風味でかまぼこにも合う

 

最初に昆布茶を入れた場合は、昆布茶の旨味が入ったホエー(4の段階で出た水分)ができるので、野菜などを漬け込んでも美味しくいただけます。

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい