りんごのチカラ! りんごとヨーグルトのケーキ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.01.09

「りんごが赤くなると医者が青くなる」と昔から言われていますが、この言葉からもりんごの栄養価が高いということがよくわかりますね。りんごは加熱すると食物繊維の一種であるペクチンが6~9倍に増えるそうで、腸内環境を整えてくれます。皮ごと焼いてケーキにするのは最強のおやつと言えそうです。

アーモンドパウダーと薄力粉を1対1の割合で生地を作るため、アーモンドパウダーのコクと芳ばしさをたっぷり楽しめます。焼きたてもいいですが、1日ねかせるとよりしっとり馴染んで美味しくいただけます。

 

【材料】直径20㎝の型1台分
・りんご:1~2 コ
・レモン汁:大さじ 2
・卵:3 コ
・ヨーグルト:80g (無糖)
・さとう:60~70g (三温糖など)
・アーモンドパウダー:100g
・薄力粉:100g
・ベーキングパウダー:小さじ 1
・油:大さじ 2
・はちみつ:大さじ 2
・アーモンドスライス:大さじ 2 (お好みで)

 

【作り方】
1./りんごは縦半分に切り、芯を取り除き、皮はそのままできるだけ薄く切る。レモン汁をかけておく。

薄くスライス

 

2./ボウルに卵を割り入れよく混ぜ、ヨーグルトとさとうを加え、泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。

   しっかり混ぜる

 

3./2にアーモンドパウダーとふるった薄力粉、ベーキングパウダーを入れ、へらなどで混ぜ合わせる。さらに油を加えなめらかになるまで混ぜる。

アーモンドパウダーでコクを

 

   薄力粉はふるって使う

 

4./型の内側に油(分量外)を薄くぬり、3を流し込む。

直径15㎝の型でもOK

 

5./4に1を並べ、アーモンドスライスをのせ、はちみつをかける。

   りんごはたっぷり

 

6./5を200℃のオーブンで35~40分ほど焼く。竹串をさしてみて生地がついてこなければ出来上がり。

出来上がり

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい