クリスマスのオードブルに!「ワインチーズ」の作り方【自作チーズ5】

カテゴリー:レシピ, 発酵食品全般 投稿日:2018.12.10

クリスマスが近づいてきました。ホームパーティのオードブルに華を添える「ワインチーズ」をご紹介します。牛乳とワイン、ヨーグルトだけで手軽に作れ、赤ワインを使うとワインの風味が効き、ワイン色のチーズになります。

 

「ワインチーズ」の作り方
ワインチーズは牛乳をワインの酸で凝固させるフレッシュタイプですが、ヨーグルトを加え、乳酸発酵させることでコクを出すようにしています。また赤ワインはほとんどホエーで抜けてしまうため、アルコール分は残りません。ワインは安価なものでOKです。

 

【材料】
・牛乳:1ℓ
・赤ワイン:250~300cc
・塩:大さじ1
・ヨーグルト:大さじ2
・さらし:適宜

 

【作り方】
1./鍋に牛乳と塩を入れて弱火にかけ、沸騰する直前になったら、赤ワインを入れて弱火のままヘラでかき回す。

牛乳にワインを混ぜた直後は変化なし

 

2./10分~20分程度かき回していると、次第に牛乳が砕いた豆腐のようにもろもろとしてくる。

10分経過。ふわふわと牛乳が固まり始める

 

15分経過。液体と固形分が分離してくる

 

3./2の凝固分と水分が分離して水分が半透明になってきたら、ボウルの上にザルを置き、さらしを敷いたところにあけて水(ホエー)切りをする。約12~24時間そのまま放置。この季節であれば暖房のない部屋に置いておく。出たきたホエーは捨てずに肉などを漬けると美味。

20分経過。液体と固形分が完全に分離

 

さらしで水分(ホエー)を切る

 

4./ホエーが切れた3をボウルにあけ、ヨーグルトを入れて粘土のようにこねてよく混ぜる。この時、味見して、塩が足りないようなら塩を加えてさらにこねる。パンやクラッカーに塗って食べる場合はここまで作ればOK。
5./4を再びさらしで包み、プリン型など容器に詰め込む。ペットボトルなどで上から軽く重石をかけて冷蔵庫で半日ぐらい寝かせて出来上がり。型から出して空気に触れさせるとチーズの色が濃くなる。

重石をして形を作ったもの

 

時間を置くと色が濃く変化する

 

水切りをして出たホエーはワインの香りと牛乳のコクが出て大変美味しいです。少し塩を足して肉を2~3日漬けてから焼くと、柔らかくてワインの香りとコクがある、とても美味しいソテーができます。ただし、焦げやすいので注意。

肉が柔らかくまろやかなコク!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい