甘酒フローズンヨーグルトで暑気払い!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.08.26

8月も後半。猛暑は少し和らいだ印象ですが、猛残暑が続いています。暑い日といえば、冷たい甘味が食べたくなりますよね。
今回ご紹介するのは、日本の伝統的な発酵の王道「甘酒」をつかったヘルシーな即席フローズンヨーグルトです。甘酒は、冬に温めて飲むという方が多いかもしれません。実際、お正月の三が日に神社の初詣で温めた甘酒が振る舞われたりすることもよく見られる光景です。
しかし、甘酒は“飲む点滴”といわれているほど、栄養価の高い夏バテ解消にピッタリの飲み物。夏の季語にもなっています。江戸時代は、夏に飲む健康飲料として庶民にも親しまれてきました。ビタミンB群や葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸類、ブドウ糖など豊富な栄養素を兼ね備えており、暑さで弱った内臓に効果覿面の効能を発揮してくれるのです。最近では、夏にも冷えた甘酒がスーパーマーケットやコンビニなどでも見られるようになってきています。甘酒は、一時の人気だけではなく夏の定番としても定着してきました。今回のレシピは、甘酒とヨーグルトのみの材料というとてもシンプルかつヘルシーな甘味。暑気払いに、ぜひお試しあれ!

 

甘酒フローズンヨーグルトの作り方
【材料】
・ヨーグルト:甘酒と同量
・甘酒:ヨーグルトと同量

 

【作り方】
1./同量のヨーグルトと甘酒を、泡立て器でかき混ぜる。

麹のつぶつぶを敢えて残す位に

 

2./かき混ぜた1をボウルや密閉容器などに入れ、食品用ラップ、もしくは蓋をして冷凍庫で寝かせる。
3./途中(1~2時間くらい)、冷凍庫から取り出して、一度スプーンなどでかき混ぜる。

先に凍る周りを中央に集めよう

 

4./トータルで3~4時間ほど寝かせたら完成。フローズン具合はシャキシャキ感とトロッとした加減が目安だが、お好みで寝かせる時間を調節する。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい