手こね不要!発酵にお任せ!「こねないパン」

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2020.10.13

発酵に適した季節になりました。今回は発酵ものの代表の一つ、パンを作ります。パン作りは、手こねが大変という印象が強いものです。15分以上こねたり叩いたりで、テーブルの上は粉だらけ、その割にふっくら焼き上がらない…で、なかなか手が出しにくいかもしれません。しかし、今回の「こねないパン」は、材料を混ぜるだけ。今のほど良い気温の中に放置しておけばいいのです。あとはイースト菌が頑張ってくれます。1次発酵、2次発酵、何分経ったら何をする、などとは無関係。発酵によるふくらみ具合だけで、あとの手順を決めていきます。あまりにも簡単にでき、これまでのパン作りの常識をくつがえすやり方です。

 

「こねないパン」の作り方
パンを作るうえで「手こね」が必要なのは、小麦粉のグルテンを引き出してパンの焼き上がりをしっとりふっくらさせるためです。この“こねない放置パン”はグルテンの引き出しを「こねる」のではなく、イースト菌と時間にやってもらいます。手を使うのは、材料を「混ぜる」時と「パンチしてガスを抜く」「成形する」時だけです。しかも時間調整が効きます。今回は2回発酵させ、3回目で焼いていますが、発酵は3回でも4回でもOK。またもっと焼く時間を先延ばしにしたい場合は、容器ごと冷蔵庫に入れれば発酵を遅くすることができます。

オーブンがなくてもパンはフライパンで焼くことができます。「フライパンでできる!! ふわふわモチモチの薄力粉パン」は薄力粉で作っていますが、今回の生地でも同様にできます。

【関連記事】フライパンでできる!! ふわふわモチモチの薄力粉パン

 

【材料】大き目のパン4個分
・強力粉:300g
・水:200ml
・塩:小さじ2/3
・砂糖:小さじ1
・ドライイースト:小さじ2/3(多めの方が失敗が少ない)

 

【作り方】
1./大き目のふた付き保存容器(背の高いもの。100円ショップの食パン保存用などがやりやすい)に強力粉、塩、砂糖、イーストを入れて混ぜる。

粉類を入れて混ぜる

 

2./1に水を入れ、手で混ぜる。最初は手についてくるが、混ぜているうちに生地がまとまって手につかなくなる。この状態でまるめる。

最初は手についてくる

 

次第にまとまってくる

 

3./容器にふたをして、陽の当たる場所に2倍ぐらいにふくらむまで放置する。

ふたをして放置

 

4./ふくらんだら、ふたを開けて手でグーパンチをしてつぶしてガスを抜いて丸め、再び放置。この時の生地はすでにしっとりなめらかになっている。

2倍ぐらいにふくらんだ

 

5./再び2倍ぐらいにふくらんだら容器から出し、つぶしてガスを抜いてから4つに切り分けてまるめ、オーブン皿にのせて再び放置する。2倍ぐらいにふくらんだら焼いて出来上がり。210℃で15分焼くとふんわりしてきつね色、18分焼くとセミハードのフランスパン風になる。

オーブン皿に並べて2倍に発酵させる

 

焼き上がり

 

15分でふんわりきつね色に

18分でフランスパン風に

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい