塩レモンの次は塩トマト【発酵でダイエット! (48)】

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2018.06.19

塩麹玉ねぎ麹塩レモンにつづいて注目されているのが、2018年のこの時季に特に安くなっているトマトを使った新調味料“塩トマト”です。

 

トマト麹よりも簡単!

以前ご紹介したトマト麹は、トマトジュースと麹、塩で作るのに対し、“塩トマト”は生のトマトと塩と砂糖のみ。一晩漬けるだけでただのトマトが、旨みのギュッとつまった和食、洋食、イタリアン、何にでも合う優れた一品が誕生します。

 

塩トマトの作り方

【材料】

・トマト:中2個くらい(300g)

・塩:15g(トマトの重さの5%)

・砂糖:9g(トマトの重さの3%)

・にんにくみじん切り:1片(お好みで)

 

【作り方】

1./トマトはヘタを取って5ミリ角に切っておく。

2./1に塩、砂糖、お好みでにんにくを混ぜ合わせ、冷蔵庫で一晩おけば出来上がり。

混ぜ合わせて一晩おくだけ

 

一晩おくと旨味成分たっぷりの水分が出て味が馴染んできます。冷蔵庫で10日程保存可能で、ごはんにそのままのせても、納豆に混ぜても、卵焼きに入れても、ピザソース代わりにしてもよし。安いお肉も“塩トマト”につけて焼けばお肉の旨みがアップします。

パンにのせて即席ブルスケッタ

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい