チーズを種にして作る!「自作チーズ」

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2019.08.23

チーズを簡単に自作する方法は大きく分けて3通りあります。酢やレモンなどの酸で牛乳を固める方法、乳酸菌で牛乳を固める方法、レンネット(乳を固める作用のある酵素)で牛乳を固める方法があります。今回はチーズの乳酸菌を使って固めるチーズを作ります。“種チーズ”には、乳酸菌が生きているナチュラルチーズ、ブリー(Brie)か、カマンベール(Camembert)を使います。

 

チーズを種にしたお好みのチーズの作り方
種にブリーチーズを使った場合、白カビが生きているとうまくすれば白カビチーズができます。

 

【材料】
・牛乳:1000ml
・ブリーまたはカマンベールチーズ:20g
・塩:5g程度

種チーズにするブリーチーズ

 

【作り方】
1./種にするチーズをみじん切りにする。

種チーズをみじん切りにする

 

2./鍋に牛乳と1を入れてよく混ぜ、40℃ぐらいまで温めてから保存容器に入れる。

温かいうちに保存容器に入れる

 

3./夏場なら常温、冬場なら電気アンカかカイロで保温しながら半日~1日置いてヨーグルトを作る。

固まってヨーグルトになる

 

4./ザルにさらしを敷き、固まった3をあけて水を切る。

時間をかけて水を切る

 

5./4の水が切れたらボウルにあけ、へらでこねてなめらかにし、適当な大きさに丸めて塩を振る。

粘土細工のように丸める

 

6./5を保存容器に入れ、冷蔵庫で一晩置いて出来上がり。

粗びき胡椒やオリーブオイル、トマトなどととてもよく合います。

胡椒、トマトと合う!

 

ペースト状にしてパンに塗っても美味

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい