梅干しの逸品! 練り梅ちりめん

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.07.12

夏にかけて、梅干しが活躍する季節。梅干しには、クエン酸がたっぷり含まれています。クエン酸はエネルギー代謝に重要な成分で、代謝を促し疲労回復を促進します。また胃の働きを活発にするので、食欲不振にも効果があるそうです。
でも、梅干しは酸っぱすぎて、あるいはしょっぱすぎてそのままだと食べにくい…という方にむけて、練り梅ちりめんをおススメします。梅干しを練ってちりめんと合わせ、おにぎりの具やおつまみに、お茶うけにも美味しい一品になります。

 

練り梅ちりめんの作り方
梅干しは種を取って包丁で叩きますが、取った種は「梅干しの種の有効利用! 梅出汁」で美味しくいただきましょう。また、甘めがお好みなら本味醂を、辛めなら日本酒を使ってください。

 

【材料】
・梅干し:10個
・ちりめんじゃこ:大さじ2程度(お好みで)
・本味醂または日本酒:大さじ2
・白ごま:適宜

梅干し、ちりめんじゃこなどの材料

 

【作り方】
1./梅干しの種を取り、果肉だけを包丁で叩いてなめらかにする。

包丁で果肉を叩いてなめらかに

 

2./1に本味醂または日本酒を加え、よく混ぜる。

まんべんなく混ぜる

 

3./2にちりめんじゃこを入れてざっくり混ぜ、1時間ほど置いてから器に盛り、白ごまを振って出来上がり。

白ごまを振って出来上がり

 

夏のおにぎりにぴったり

 

かまぼこにはさんでも

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい