鳥取県の給食人気NO.1!“スタミナ納豆” 【発酵でダイエット! (47)】

カテゴリー:納豆 投稿日:2018.06.05

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。

“スタミナ納豆”とは、子どもたちに栄養豊富な納豆を食べさせようと給食センターの方が考案された、鳥取県倉吉市周辺の学校では昔から定番の給食メニューだそうです。

美味しさのあまり今では鳥取県のご当地料理としても全国に広まってきており、子供たちが好きなピザをヒントに、タバスコと砂糖で甘辛い洋風の味付けになっています。実はタバスコも発酵食品!タバスコやにんにく効果で納豆臭さも消えるので、納豆嫌いの方にもおすすめのご飯がすすむ夏バテ解消メニューです。

【関連記事】さわやかな辛さと酸味がクセになる! 赤と緑の「タバスコ風発酵唐辛子ビネガー」

 

スタミナ納豆の作り方

砂糖、タバスコの量を調整すれば子ども向けに、にんにくやごま油を多めにするとパンチの効いた大人味になりますので、我が家の味の“スタミナ納豆”を作ってみてください。

 

【材料】(1〜2人前)

・鶏ひき肉:50g

・ひきわり納豆:50g(1パック)

・みじん切りしょうが:少々

・みじん切りにんにく:少々

・ごま油:小さじ半分

・和風だし:小さじ1/2(または付属のタレ1袋)

・砂糖:小さじ1/2

・タバスコ:少々

 

【作り方】

1./フライパンにごま油を入れ、しょうが、にんにくを香りが出るまで炒め、鶏ひき肉を入れ炒める。火が通ったら器に移し冷ましておく。

ごま油とにんにくの良い香り

 

2./納豆、和風だし(付属のタレ)、砂糖、タバスコを混ぜたものに、1の鶏ひき肉も加えよく混ぜ合わせ、最後に刻んだ青ねぎを散らせば出来上がり。

米やうどん、パスタにもよく合う

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい