ドライフルーツのみりん漬け【発酵でダイエット! (46)】

カテゴリー:漬物 投稿日:2018.04.17

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。

ドライフルーツと本みりんを一晩漬け込むだけで、手軽に自家製漬け込みフルーツが出来上がります。ラム酒やブランデーに漬け込む定番の作り方ではないのでお酒に弱い方でも大丈夫です。

フルーツケーキやシュトーレンなどに混ぜて焼き菓子に、アイスクリームやヨーグルトに添えたり、バターに混ぜてパンにのせても美味しい、ドライフルーツのラム酒漬けとはまた一味違った自然の優しい味わいが楽しめます。

【関連記事】クリスマスにドイツの伝統パン菓子! 「シュトーレン」

 

お好みのドライフルーツ、ナッツでアレンジ自由

今回はドライレーズンを使用しましたが、イチジク、パイナップル、アプリコットやナッツ類も一緒に漬けて冷蔵庫で半年以上保存可能ですので多めに作っておくのも良いでしょう。

美味しい本みりんを使用することで、レーズンの味わいが深くなったラムレーズンならぬ、みりんレーズンをお楽しみください。

 

ドライフルーツのみりん漬けの作り方

【材料】

・ドライレーズン:適量

・本みりん:適量(レーズンが隠れるくらいの量)

 

【作り方】

1./オイルコーティングされているドライフルーツを使用する場合は、ザルにあけ熱湯を回しかけた後、キッチンペーパーで水気をよくふき取っておく。

2./煮沸消毒した容器にドライフルーツを入れ、ひたひたになるくらいに本みりんを注ぎ入れる。

みりんはひたる位入れる

 

3./ドライフルーツがふっくらしてきた翌日から食べられるが、1週間後くらいが美味しい。冷蔵庫で半年保存可能。

果物の頭が出たらみりんを足す

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい