クリスマスにドイツの伝統パン菓子! 「シュトーレン」

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2017.12.20

クリスマスに向けてドライフルーツやナッツがたっぷり入ったドイツのパン菓子「シュトーレン」の紹介です。伝統的な「シュトーレン」は、ドイツではクリスマスの1ヵ月以上前に作り、毎日少しずつ食べるといいます。

ドライフルーツは、レーズン、クランベリー、オレンジピールなど好みのものを合わせ、ラム酒に漬け込みます。食べるときは中央から薄く切り出し、残りの切り口同士を合わせてまたラップで包んでおきましょう。

今回ご紹介するレシピは、ややふっくらした口当たりに仕上がりますが、3日ほどでしっとりなじみ深まってゆく味わいも楽しめます。

※比較的日持ちするお菓子ですが、1週間を目安に食べきることをお薦めします。

 

【材料】(長さ約20cm2本分)

・強力粉:200g

・アーモンド粉:50g

・きび砂糖(砂糖でも可):30g

・塩:1つまみ

・シナモン:小さじ2/3

・ナツメグ:小さじ1/3

・ドライイースト:4g

・バター:60g

・卵(中):1個

・牛乳:60cc

 

▼具材

ドライフルーツ:100g

ラム酒:適量

アーモンド:50g

 

▼仕上げ

バター:60g

粉砂糖:適量

 

【作り方】

1./具材の準備をしておく。ドライフルーツはラム酒に1晩以上漬ける。アーモンドは160℃のオーブンで15分ほど焼き、粗熱を取ったあと粗く刻む。

ドライフルーツを漬ける

 

アーモンドはローストする

 

2./材料をすべてホームベーカリーに入れ、「生地コース」や「食パンコース」の第一次発酵まで行う。途中具入れのタイミングで1を投入する。

(ホームベーカリーを使わない場合は、粉類に牛乳、溶いた卵をよく混ぜる。室温に戻して柔らかくしたバターを少しずつ加えてこね、なめらかになったら1を混ぜる。ボウルに入れてラップをかけ、約35℃で約40分、倍の大きさになるまで発酵させる。)

材料を混ぜて生地をつくる

 

3./2に分量外の打ち粉をして2等分して丸め、固く絞ったぬれ布巾をかけて10分休ませる。綿棒で楕円に伸ばし、端を少しずらして2つ折りにして、オーブンシートを敷いた天板に並べる。

端をずらして重ねる

 

4./約35℃で約40分、ひとまわり大きくなるまで発酵させる。

5./180℃のオーブンで約30分焼く。焼き上がりが近くなったら、仕上げ用のバターを溶かしておく。

溶かしバターを裏まで塗る

 

6./焼き上がったら、すぐにバターを刷毛で全体に何度も塗り、染み込ませる。冷めたら粉砂糖を全体にまぶし、ラップできっちりくるんで冷暗所で保存する。

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい