クリスマスにも発酵食を!「醤油麹ローストチキン」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.12.22

クリスマスシーズンです。クリスマスの定番ローストチキンを醤油麹と出汁昆布の味をつけて焼くと、醤油の香ばしさと昆布の旨みが加わり、いつものローストチキンとはちょっと違った美味しさになります。

 

「醤油麹ローストチキン」の作り方
鶏まるごとはなかなか味が染みにくいので、浸け汁に1~2日程度浸け込んでおくことが美味しくできるポイントです。また、ビニール袋を使って浸けることで、少ない浸け汁で十分味をしみ込ませることができます。

【材料】
・鶏:1羽
・醤油麹:1/2カップ
・日本酒:大さじ2
・出汁昆布:10cm程度
・胡椒:適宜
・ニンニク:1~2片
・付け合わせの野菜:ジャガイモ、人参、セロリ、エリンギなど

調味料も和風に

 

【作り方】
1./鶏は腹の中も水を入れてよく洗ってからキッチンペーパーなどで水気をよく拭き取る。フォークなどで刺して細かい穴をあけておく。
2./鶏が十分入る程度のビニール袋(丈夫なもの)に、醤油麹、日本酒、出汁昆布、胡椒、ニンニクの薄切りを入れて混ぜ、鶏を入れてしっかり口を結び、冷蔵庫で1~2日程度味をしみ込ませる。半日に1回程度鶏をひっくり返して全体に味がなじむようにする。浸け汁は取っておく。

ビニール袋で味をなじませる

 

3./オーブン皿に鶏を置いて2の浸け汁をあけ、周りにジャガイモ、エリンギ、人参などを並べる。鶏の大きさやオーブンにもよるが、200~220℃で40~50分程度で焼き上がる。竹串を刺して透明な肉汁が出たら焼き上がり。

野菜をたっぷりと周りに置く

 

4./鶏と野菜を別皿に盛り付ける。オーブン皿に残った浸け汁の味を見て、塩辛いようなら少し日本酒を足してヘラなどで旨味をきれいにこそげ取ってから別鍋に入れて熱してソースにする。

オーブン皿の旨味をこそげ取る

 

醤油麹のソースと合う!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい