今主流、透明感のあるきれいな干し芋を作るコツ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2021.02.06

日本の伝統的な冬のおやつに、「干し芋」があります。昔の干し芋は灰色がかって粉を吹いたものでしたが、最近の干し芋は黄色やオレンジで、透明感のあるものが主流になっています。色のきれいな干し芋をご家庭でも簡単に作るコツをご紹介します。乾燥して気温が低い今の時季だからこそできる冬のおやつです。

 

「色がきれいな干し芋」の作り方
透明感を出して色をきれいに仕上げるには、芋の種類とアク抜きがポイントになります。芋はホクホク系の「紅あずま」や「鳴門金時」などではなく、ねっとり系の「紅はるか」が向いています。甘味が強くねっとりしてとてもおいしい干し芋になります。材料は芋だけですが、芋を選ぶ時には、切り口から蜜が出て黒く筋になっているものを見つけてください。この筋は甘味が強く、熟成されて、とてもおいしくなっている印です。

 

【作り方】
1./芋の両端を切って、たっぷりの水に半日浸けてアクを抜く。

水に浸けてアクを抜く

 

2./蒸し器でまるごと30分程度蒸す。竹串を刺して柔らかくすっと通ったら蒸し上がり。
3./2が熱いうちに、包丁やピーラーなどでやや厚めに皮をむく。赤い皮だけでなく、少しだけ身もむいてしまうのがきれいに仕上げるコツ。
4./1cm程度の厚みに切ってザルに並べ、陽当りに干す。

ザルに並べて干す

 

5./好みの固さになったら干し上がり。黄色の色が残ってきれいに仕上がる。

透明感のあるきれいな仕上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい