干さない、簡単!「黄色い甘たくあん」

カテゴリー:漬物 投稿日:2021.01.25

旬の大根がおいしいうちに、干さずに漬ける黄色い甘たくあん(九州の郷土料理)を作ります。本場ではウコン(ターメリック/九州では「うきん」と呼ぶ)で色付けをしますが、今回は、今ちょうど実っているクチナシの実を使って鮮やかな黄色を出します。クチナシの実は香り、味やクセがまったくなく、自然の色素できれいに染まります。大根は干さずにすぐ漬けられて、時間も道具もいらず、手間も少なく簡単でおいしいたくあんが出来上がります。

クチナシの実は摘んでから、日に干して乾燥させておけば長期保存が可能で、いつでも使えます。

 

黄色い甘たくあんの作り方
クチナシの実がなければ、本場と同じ、ウコン(ターメリック)で色付けしてください。漬け上がりも黄色の染まり具合でわかる、見た目も楽しいたくあん漬けです。

 

【材料】(作りやすい量)
・大根:中2本
・砂糖:大根の重さの10%
・塩:大根の重さの3%
・酢:大根の重さの4%
・クチナシの実:4~5個

材料を用意

 

今が採り時、クチナシの実

 

【作り方】
1./大根はピーラーなどで皮をむき、横半分にしてから縦に二つ割にする。
2./砂糖、塩、酢をよく混ぜて溶かしておく。
3./丈夫なポリ袋に1を入れ、2を注いでから、クチナシの実の先端を切り、手で少しつぶして入れる。
4./3の袋の口を閉じ、バケツなどに入れてから皿などを置いて、2ℓのペットボトルで重石をして室温で5日程度置く。最初は水分は少ないが、すぐに大根から水が出てくる。漬けている途中で切ってみて、芯が白ければまだ漬かっていないということ。全部黄色くなったところで出来上がり。

漬けて3日目。まだ芯が白くて漬かっていない

 

3日目は全体もまだ白っぽい

 

5日目。水が出て全体が黄色に

 

漬け上がり。鮮やかな黄色に

 

薄切りにしても鮮やか!

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  •                    

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい