旬を混ぜるだけ!! カブの甘じょうゆ漬け

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.04.05

カブには、大きく年に2回の収穫期があるそうです。3月から5月にかけて出回る春ものは柔らかいのが特長でこれからが旬。産地は千葉県、埼玉県が全国でも突出しています。

 

カブはアブラナ科の一種で、意外にもキャベツなどの仲間。そのためジアスターゼは大根よりも多く、アミラーゼといった消化酵素も豊富で胸やけ、胃もたれの改善に効果があるといわれています。

 

しかしジアスターゼは熱に弱いとされているため漬物などにして食べるのが最適。今回はカブの白さを損なわないよう、薄口しょうゆを使い、漬けダレを軽めに合わせてみました。サラダ感覚で旬の野菜をしっかりとりましょう。

 

[材料]

・カブ:3~4個

・きゅうり:1/2本

・にんじん:1/3本

・薄口しょうゆ:大さじ3

・酢:大さじ3

・ハチミツ:大さじ2 

酢、醤油、はちみつがポイント

[作り方]

1./カブは食べやすい大きさに、にんじん、きゅうりは縦半分に切り、5ミリ程の厚さの斜め切りにする。

材料は旬のカブとニンジン、キュウリ

 

2./ポリ袋に調味料を全て入れ、そこに1を入れて混ぜ合わせる。味がなじめば、出来上がり。お好みで、七味唐辛子を振りかける。

 

ビニール袋に入れて揉み込む

 

超カンタン!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい