食べるとイクラ!?鮭の塩昆布漬け

カテゴリー:レシピ 投稿日:2021.01.16

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
昨年、SNS等で話題になったレシピです。本当にイクラのような濃厚でねっとりとした旨味に変わるので食べてみるとびっくりします。鮭は刺身用の脂ののっているものの方がよりイクラの味わいが強くなります。鮭がない場合でも他の魚で代用でき、即席昆布〆風の逸品に変身します。作り方も簡単、混ぜてなじませるだけ。ぜひ試してみてください。

酒の肴としてはもちろん、パスタやうどんと絡めたり、白米の上に豪快にのせて丼やお茶漬けにしたり、バリエーションも豊富。特に子供が喜んで食べてくれますよ。

 

鮭の塩昆布漬け作り方
【材料】
・刺身用鮭:150~200g
・塩昆布:20g

 

【作り方】
薄切りにした鮭(または刺身用)に塩昆布を加え軽く混ぜ合わせる。冷蔵庫で30分以上寝かせれば出来上がり。1日漬け込んでもOK。

保存袋で漬け込むと簡単

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年以上。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい