白菜が旨すぎる!熱々ごま油和え

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.12.11

いま、白菜やレタス、大根の値段が昨年の半値以下となっているようです。白菜や大根はこれからますます柔らかくなり、甘味が増してきます。そこでお手頃価格の白菜を使って、ごま油和えを作ります。ごま油を熱々にしてかけ、白菜をしんなりさせると漬物のようになり、どんどん箸が進みます。

 

白菜のごま油和えの作り方
白菜はどの部分でも大丈夫ですが、できれば芯に近い方をそのまま輪切りにすると見た目もきれいです。

【材料】
・白菜:500g(芯の方がおすすめ)
・醤油:大さじ1
・ごま油:大さじ1
・鷹の爪:1本(辛いのが苦手な方はなしでOK)

 

【作り方】
1./白菜は洗って、食べやすい大きさに切る。芯に近い部分ならそのまま輪切りにする。

輪切りにしてそのまま器に盛ってもOK

 

2./1を電子レンジ強で2~2分半かける。レンジによって強さが異なるので、少なめにかけておいて途中で見るのが無難。完全に火を通さず、半生の状態になるようにする。
3./2を冷まし、冷めたら手でぎゅっと握って水気をできるだけ絞る。
4./3を器に盛り、醤油をまんべんなくかける。

醤油をかける

 

5./ごま油を鍋で熱し、鷹の爪の輪切りを入れて火を止め、熱々の状態で4にかけて出来上がり。じゅーっといって半生の白菜に熱が入ってちょうどよくなる。

熱々のごま油をかける

 

白菜の甘みとごま油の香りで箸が進む!

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい