【名コラムを再現!】のり丼、鼻孔をつく磯の香り

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.12.09

小泉先生が執筆中の日本経済新聞夕刊『食あれば楽あり』(毎週月曜日)は、27年に及ぶギネス級の長期連載人気コラムです。今回は11月16日に掲載された「のり丼 鼻孔をつく磯の香り」を作ってみます。

先生の厨房「食魔亭」のご飯ものでは、丼料理が圧倒的に多いといいます。その中でも、大好物で作り方も簡単でシンプルな「のり丼」に注目です!

「口の中には、のりからの爽やかなうま味と、揚げ衣からの油のコク、飯からの優雅な甘みが広がっていって、それをタレの甘じょっぱみが囃し立て、誠にもって美味しい」。

のりの存在感が一気に増し、いままで食べたことのない美味しさに驚くことになります。ぜひお試しください。

 

のり丼の作り方

【材料】

・焼きのり:1枚

・みりん:大さじ1

・しょうゆ:大さじ2

・カツオ出し汁:大さじ4

・天ぷら粉(小麦粉):80g

・水:120ml

・サラダ油(天ぷら油):適量

・青のり:適量

・紅ショウガ:適量

 

【作り方】

1./鍋にみりん、しょうゆと出し汁を入れ煮詰めておく。

タレの準備

 

2./ボウルに水を入れ天ぷら粉を加え、粉が少し残るぐらいまで箸でかき混ぜる。8等分に切り分けたのりに衣をつける。

薄くつける

 

3./160度くらいに熱した油で揚げる。

こんがりと揚げる

 

4./3にタレをからめる。

さっとからめる

 

5./丼に盛ったご飯の上に4を敷き並べ、青のりを振り、紅ショウガをのせて完成。

出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい