【名コラムを再現!】白ワインとマグロのカルパッチョ

カテゴリー:食情報 投稿日:2020.11.15

小泉先生が執筆中の日本経済新聞夕刊『食あれば楽あり』(毎週月曜日)は、27年に及ぶギネス級の長期連載人気コラムです。今回は11月9日に掲載された「白ワインとマグロのカルパッチョ 濃厚なうま味に力強さ」を作ってみます。とにかくマグロがあれば簡単で美味! マグロの赤みがあれば、盛り付けてドレッシングをかけるだけです。

 

「魚の刺身、とりわけ赤身の刺身はワインに合わないというのが大方の意見のようだが、決してそうではないのがマグロの赤身のカパッチョである」と、とびっきりの辛口の白ワインを手に入れた小泉先生は迷わず、作ってみようと思ったそうです。

 

「マグロは歯に応えてネトリ、ペトリとし、そこから濃厚なうま味がジュルジュルと出てきて、そこにワサビ醤油のうまじょっぱさが合流して、さらにオリーブオイルのペナペナとしたコクが全体を包み込んで、絶妙であった」とのこと。

秋の夜長、冷えた白ワインでコピリンコと参りましょう。

 

 

【材料】

・マグロの赤身の刺身:200g

・青じそ:5枚

・スダチや柚子など:1個

・練りワサビ:大さじ½

・醤油:大さじ2

・オリーブオイル:大さじ1

 

【作り方】

1./刺身は薄く切り分けて皿に盛り、千切りにした青じそを中心に飾る。

円を描くように

 

2./ドレッシングの材料、練りワサビ、醤油とオリーブオイルを合わせる。

ワサビを溶かしこむ

 

3./スダチを4つに切り分けたものを添えて、出来上がり。食べる直前にドレッシングを回しかけ、スダチを絞りかける。

あっという間に出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい