【名コラムを再現!】鶏肉のワイン煮

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.12.07

小泉センセイが執筆中の日本経済新聞夕刊『食あれば楽あり』(毎週月曜日)は、26年に及ぶギネス級の長期人気連載コラムです。

今回は11月11日に掲載された「鶏肉のワイン煮」を作ってみました。

使う赤ワインはテーブルワインでよいそうです。鶏肉特有の軽快な旨みと玉ネギの甘味、そして、ワインの酸味が口の中に広がります。黒コショウは多めに振り、味を引き締めます。今年もボジョレー・ヌーボーが解禁となりましたが、爽やかな赤ワインにぴったりの一品となりました。ワイン煮をさかなにコピリンコするのが、センセイ流だとか。

 

【材料】

・鶏モモ肉:350g

・玉ネギ:350g

・黒コショウ:多め

 

〔調味料〕

・赤ワイン:大さじ6

・砂糖:大さじ2

・本みりん:大さじ2

・しょうゆ:大さじ3

 

【作り方】

1./鶏モモ肉を一口大にぶつ切りし、黒コショウを多めに振ってよくもみ込む。

黒コショウをたっぷりと

 

2./玉ネギは縦半分に切り、5mm幅に切る。

 

3./鍋に1と2を入れ、調味料を加え、鶏肉がやわらかくなるまで煮る。

鍋一つで簡単調理

 

あっという間に出来上がり

 

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい