【名コラムを再現!】スタミナ牛肉カレー

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.10.10

小泉センセイが執筆中の日本経済新聞夕刊『食あれば楽あり』(毎週月曜日)は、27年に及ぶギネス級の長期連載人気コラムです。今回は9月14日に掲載された「スタミナ牛肉カレー」を作ってみます。

「スタミナの理由は、まず牛肉タンパク質からのアミノ酸や活力ペプチドの供給、多めのニンニクの強精作用、クミンの微興奮性芳香、タマネギの含硫アミノ酸の筋力増強効能、甘トウガラシのカプサイシンによる血行促進とビタミンB6、βカロテン、ビタミンCなどでのコラーゲンの生成などで期待が持てる」とのこと。作る前から元気がみなぎってきます。

 

絶妙な辛みと牛肉の濃厚なうま味が食欲をそそります。

「効くぞ、このカレーは」と、センセイの声が聞こえてきそうです。

 

【材料】4人分

・牛薄切り肉:300g

・タマネギ:大1個

・ニンニク:4片

・リンゴ:半個

・甘トウガラシ(万願寺トウガラシ):4本

 

・水:カップ4

・料理用赤ワイン:カップ1

・市販のカレールウ辛口:4人分

・クミンシード:小さじ1

・ブラックペッパー:適量

・サラダ油:大さじ2

 

【作り方】

1./牛肉は一口大に切り、ブラックペッパーを振り込んでよくもみ込む。

 

2./タマネギは3㎝角に切り、ニンニクはみじん切りにする。リンゴは縦半分に切って皮と芯を取り、小口から3㎜の厚さに切る。

 

3./鍋に油(分量外)を熱してタマネギとニンニクを炒める。

火加減は中火で

 

4./強火にして牛肉の半量を焦がすぐらいに炒めてリンゴを加える。

しっかり炒める

 

5./4に水と赤ワインを注いで混ぜる。

鍋底からよくかき混ぜる

 

6./煮立ったら火を弱めて20分ほど煮てからカレールウを加える。

ルウはお好みの辛口で

 

7./さらに10分煮て残りの牛肉を入れる。

1枚ずつ広げて

 

8./フライパンにサラダ油を熱しクミンシードを入れ少し色づいたら、食べやすい大きさに切った万願寺トウガラシを加えて炒める。

クミンの香りが立つ

 

9./8を7に入れて、一煮立ちさせる。

出来上がり

 

10./皿に温かいご飯を盛り、熱いカレーをかける。

絶妙の甘辛のバランス

 

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい