旬をコラボ「里芋の柚子みそ和え」

カテゴリー:味噌 投稿日:2020.12.01

里芋は私たちにとって親しみのある秋の食材(芋煮会など)ですが、栄養価も見逃せません。カリウム(ナトリウム〔塩分〕を排泄)を多く含み、ほかにも動脈硬化の予防や高血圧に効果があるといわれています。

そこで発酵パワー満載のみそと今が旬の柚子とコラボしてみました。里芋のほっこりした口あたりとみそと柚子の香りが一体となる一品。コツは里芋のぬめりが出すぎると味がしみ込みづらいので、塩で軽くもみ、水洗いしてから使いましょう。

 

【材料】

・里芋:5~6個

・柚子の皮のすりおろし:適量

・みそ:大さじ1

・さとう:大さじ1

・本みりん:小さじ2

 

【作り方】

1./里芋の皮をむき、食べやすい大きさに切る。塩(分量外)で軽くもみ、水で洗う。

ぬめりをとる

 

2./鍋に湯を沸かし1を入れ、中火で茹でる。

竹串がすっと通るのがめやす

 

3./柚子は皮の部分だけをする。みそ、さとうと本みりんを混ぜ合わせる。

柚子はたっぷり

 

4./2をざるにあけ、3と和える。

まんべんなく和える

 

5./器に盛って、出来上がり。

出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい