お米の甘みと共に楽しみたい! 鰯の醤油麹と焙じ茶煮

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2020.11.26

脂ののった鮮度の良い鰯を、醤油麹を使ってふっくらとやさしい美味しさの煮魚に! 鰯には、骨粗鬆症を防ぐカルシウムと、それを吸収する助けをしてくれるビタミンDの両方が含まれている健康に嬉しい魚です。青魚のなかでも、高度不飽和脂肪酸が多く含まれていてアンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。

 

新米の美味しいこの季節、お米の甘みと共に楽しみたい一品です。梅干しを入れることで保存性も増し、冷めても美味しくいただけます。

 

【材料】

・鰯:600g

・焙じ茶:20g

・醤油麹:大さじ1

・梅干し:50g

・水:400ml

・セロリスプラウト、三つ葉など香草:少々

・すりおろし生姜:少々

 

【作り方】

1./鰯は、うろこをとって頭をおとし腹は斜めに切りおとし内臓を取り除き、丁寧に水洗いする。その後、塩水で洗い、しっかりと水気をきる。

脂ののった鰯は、美しい!

 

2./鍋に水を沸かし、火を止めてほうじ茶を入れ、蓋をして30秒ほど蒸らし、茶こしで濾す。ほうじ茶を煮出すとお茶の渋みが出てしまうので気をつける。

ほうじ茶が良い仕事をしてくれる

 

3./鍋に鰯を並べて、2で抽出したほうじ茶を入れ、ほぐした梅干しと醤油麹大匙1を入れて中火にかけ、落し蓋をして鰯に火が通るまで煮る。

煮る時に圧力鍋を使用すると、15分ほどで、骨まで柔らかくなる。幼児や高齢者にも食べやすくなる。

 

4./お皿への仕上げには、おろし生姜とセロリスプラウトや三つ葉など緑をあしらいさわやかに、できあがり!温かく食べても冷やして食べても美味しくいただける。

鰯も醤油麹でふっくら優しい甘み

 

坂本広美/発酵食品ソムリエNo.111。発酵料理愛好家。スクールカウンセラーなど子育て相談も務め、子どもの心とからだの成長発達に大切な「食」を親子で楽しむイベントなどを開催。

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい