目からウロコ! 栗の皮むきの裏ワザ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.10.18

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
秋の味覚の代表格の栗は9月から11月が旬。栗ご飯に、渋皮煮、マロングラッセ、甘露煮、栗きんとんなど、栗ならではの味を存分に味わいたいものですね。
しかし、固い鬼皮やぴったりとはりついた渋皮を綺麗にむくのはやっかいなもの。
一晩水につけてからむく、熱湯につけてからむく、圧力鍋で炊いてからむく、鬼皮に切り込みを入れてからフライパンや電子レンジで加熱してからむく、専用の皮むき機を使うなどさまざまな方法があります。しかし、渋皮まで綺麗にむくには気力と時間が不可欠でした。

 

生栗のまま冷凍すると手でむけるほど柔らかく
いろんな方法を試してみた結果、すばらしい発見がありました。生栗を一晩冷凍してから解凍し皮をむくと、解凍時に鬼皮が柔らかくなり手でも簡単にむくことができたのです。渋皮も剥がれやすくなっているので包丁で皮を削ぐようにすると簡単にむくことができます。
栗を常温で保存すると虫に食べられてしまうこともあるので、これからは買ったらすぐに冷凍保存しておくことをおすすめします。

 

【材料】
・生栗:お好きなだけ

 

【作り方】
1./生栗を一晩以上冷凍する。解凍する時は冷凍した栗をボウルに入れ、熱湯をかけて5分程放置。

鬼皮がふやけて柔らかくなる

 

2./栗のお尻のほうから包丁を入れてむく。栗の種類によっては渋皮がむきにくい場合があるので、その場合は渋皮がついたまま熱湯に1時間漬けておくとむきやすくなる。

渋皮もふやかすとむきやすい

 

綺麗にむけました

 

いただきます

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年以上。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい