名残りのそうめん! 香川の郷土料理「なすそうめん」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.09.04

そうめんの特産地の一つ、香川の郷土料理に「なすそうめん」があります。なすとそうめんは意外と相性が良く、辛味がピリッと効いたなすのトロッとした柔らかさとそうめんのツルっとした食感が絶妙です。今回はつゆを温かくしていますが、具材を冷蔵庫で冷やし、冷たいつゆをかけても美味です。この夏、残ってしまったそうめんもおいしくいただけます。

 

「なすそうめん」の作り方
なすと油揚げを先に少し濃いめの出汁で煮ておくことが美味しさのコツです。

 

【材料】(2人前)
・そうめん:2人分
・なす:2個
・オクラ:2本
・油揚げ:1枚
・鷹の爪:1/2本(辛いものが苦手な方は抜いてください)
・ごま油:大さじ1
・小ねぎ:適量

 

<出汁>
・鰹出汁:360ml
・醤油:大さじ2
・砂糖:大さじ1
・日本酒:大さじ1
・本味醂:大さじ1

材料をそろえる

 

【作り方】
1./なすは縦半分に切って、皮目に細かく包丁を入れ、水に10分程度さらしておく。
2./油揚げは熱湯をかけて油抜きにして8等分に切る。
3./オクラはヘタの周りを削り、塩でこすってうぶ毛を取る。
4./鷹の爪の種を取り輪切りにしておく。
5./鍋を熱してごま油、鷹の爪を入れて辛味を出す。
6./1のなすを少し焼き目が付いて少し柔らかくなるまで両面焼く。
7./6に鰹出汁を半量、調味料をすべて入れてから油揚げを入れて煮る。

少し焼き目がついたなす

 

8./なすに箸をさして完全に柔らかくなっていたら、3のオクラを入れてさっと煮る。オクラに火が通ったら、具材をすべて引き上げて取っておく。

オクラを入れて煮る

 

具材を引き上げた後の出汁

 

9./材料を引き上げた8の鍋に、半量残しておいた鰹出汁を入れて火にかけてひと煮立ちさせる。
10./固めに茹でたそうめんと具材を器に盛り、9の出汁をかける。小ねぎを散らして出来上がり。

なすと油揚げ、そうめんがマッチ

 

冷たいつゆでいただく場合は、8の具材と9のつゆを冷蔵庫で冷やしてからそうめんにかけてください。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい