ひらひら薄切り大根と大葉のさっぱりサラダ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.08.28

夏ダイコンとは、春に種から育て、夏に収穫したダイコン。春ダイコンより辛味と食感があり、サラダなどに向いています。
大根サラダといえば千切りが一般的ですが、薄くスライスしたひらひら大根を使うと食感が活かせ、バリエーションが広がります。大葉とともに、レモン酢でさっぱりいただきます。口当たりも爽やかなサラダで残暑もパリパリ、モリモリいきましょう。

 

大根と大葉のサラダの作り方
大根はスライサーで薄くスライスして、塩でしんなりさせます。スライサーがない場合はなるべく薄く切るか、ピーラーを使ってもよいでしょう。塩をしてから長く置いたり、汁気を絞りすぎるとせっかくの食感がなくなってしまいます。注意しましょう。食べる直前に、オリーブオイルをかけます。

 

【材料】
・大根:10cm
・塩:小さじ1
・大葉: 1〜2枚
・オリーブオイル:少々

 

<レモン酢>
・レモン絞り汁:小さじ2
・酢:小さじ1
・砂糖:小さじ1/2

 

【作り方】
1./大根は皮をむき、縦半分に切る。スライサーでスライスして塩をまぶし、しんなりするまで10分ほど置く。

大根をスライスする

 

2./レモン酢の材料を合わせておく。大葉は千切りにする。

汁を捨てる

 

3./1の大根から出た汁を捨て、大根は軽く絞る。レモン酢と大葉を混ぜて器に盛り、オリーブオイルを回しかける。

大葉、レモン酢を合わせる

 

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい