高貴な味わい!?「エンペラー納豆」とは?

カテゴリー:納豆 投稿日:2020.08.14

以前、TVで紹介されていた変わった納豆レシピを再現します。その名も「エンペラー納豆」。「エンペラー納豆」の名の由来は、発案者が天皇家の高松宮殿下(大正天皇の第三皇子)だからとも言われています。名前のユニークさ、オリーブの実の塩漬けとパセリという、洋風料理に使う素材と納豆の珍しい組み合わせは?果たして美味しいのか?さっそくトライしてみました。

 

「エンペラー納豆」の作り方
オリーブの実の塩漬けは塩味がそれぞれ異なるので、納豆の味付けはオリーブの塩味を見てから調整してください。オリーブ、パセリの量はお好みですが、オリーブはたっぷり入れた方がコクが出て、食感も良く美味しいと思います。

 

【材料】
・納豆:1パック
・オリーブの実の塩漬け:納豆と同量程度(お好みで)
・パセリ:適量

材料はこれだけ

 

【作り方】
1./納豆はあらかじめ混ぜてから味をつけておく。
2./オリーブの実、パセリをみじん切りにして1と混ぜて出来上がり。

オリーブとパセリをみじん切りに

 

味はオリーブの適度な塩味と食感に、コクも出て、とても美味しくいただけます。パセリの香りは納豆の香りに負けてあまりしないかな?という感じですが、普通の薬味(長ネギなど)とは異なり、少しおしゃれな納豆ごはんという印象でした。みなさんもぜひ試してみてください。

 

  •                            

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい