十勝帯広名物! 豚丼の味を再現

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.06.21

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
北海道の郷土料理、十勝帯広地方の豚丼は、豚肉に甘辛い醤油タレをつけて焼いてのせた丼飯で、昭和初期に帯広市の大衆食堂で考案されました。
厚めに切られた豚肉は適度に脂肪がついていて、濃厚な甘辛タレとの相性は最高です。

 

ポイントはタレの香ばしさと肉の柔らかさ
本来の炭火焼の香ばしさを出すために砂糖でカラメルを作り、濃厚で黒くドロッとしたタレに仕立てます。豚肉をフライパンで焼いてタレをからめても美味しいのですが、今回はより本格的な炭火焼のジューシーで柔らかい食感にするため裏ワザとして、豚肉を下茹でしていきます。下茹でした茹で汁もスープとしてお使いいただけます。

 

十勝帯広名物 豚丼の作り方
【材料】(2人分)
・豚肉(豚バラブロックまたは肩ロース):200g
・生姜スライス:3枚
・ネギ(青い部分):適量

 

〈タレ〉
・グラニュー糖:大さじ1
・水:大さじ1(グラニュー糖用)
・水:40ml(タレ用)
・酒:小さじ1
・味醂:小さじ1
・醤油:大さじ2
・蜂蜜:小さじ1

 

【作り方】
1./豚肉を茹でる。沸騰したお湯に豚肉、生姜スライス、ネギを入れ弱火にし、煮立たないようにして30分茹でる。

茹で汁も捨てずにスープに

 

2./1の豚肉の粗熱をとり5mm程の厚さに切っておく。

ジューシーで柔らかい

 

3./タレを作る。中火に熱した鍋にグラニュー糖を入れ、かき混ぜずに鍋をゆすりながらこげ茶色がついてきたら、大さじ1の水を入れる。

焦がしすぎないように注意

 

4./すかさず水40mlと酒、味醂、醤油、蜂蜜を入れ、とろみが出るまで煮詰める。

5./4のタレに2の豚肉をからめたら出来上がり。お好みで白髪ネギや温泉卵、グリンピースを一緒にどうぞ。

甘塩っぱい濃厚タレが白米に合う

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年以上。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい