富山名物「ますのすし」を簡単アレンジ!「鮭の押し寿司」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.05.21

富山の名物に「ますのすし」があります。鱒(ます)を酢でしめて、押し寿司にしたものです。これを押し寿司器を使わずに巻きすで代用し、鱒の代りに入手しやすい刺身用サーモンを使って作ります。また、「ますのすし」には入らない旬の青紫蘇を使い、初夏のさっぱりした押し寿司にします。

 

「鮭の押し寿司」の作り方
サーモンは脂がのっているので、押し寿司にしてから寝かせると、脂が寿司飯にしみ込んで一層美味しくなります。形は巻きすで作り、皿などの重石をして寝かせます。

 

【材料】
・刺身用サーモンのさく:100g
・塩:5g程度
・米酢:100ml
・本味醂:小さじ1
・出汁昆布:10cm(なくても良い)
・青紫蘇:3枚
・白ごま:大さじ1/2
・寿司飯:米1合分

 

【作り方】
1./サーモンに塩を振り、ザルなどに置いて塩で1日しめる。
2./1を軽く洗って塩気を落とし、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き、ポリ袋に入れて米酢と本味醂、出汁昆布を入れ、半日程度酢でしめる。

サーモンを酢でしめる

 

3./2を薄切りにする。この時、中までしまっていなくてもOK。寿司飯にのせるのでほどよくしまる。

材料を用意

 

4./巻きすにラップを敷き、その上に白ごまを混ぜた寿司飯を半量のせ、3を半量のせる。

サーモンを半量のせる

 

5./4に残りの寿司飯をのせ、青紫蘇をのせて残りの3をのせてラップで包む。この時、寿司の先端はラップを折り込んで、ぎゅっと巻きすで巻いた時、はみ出さないようにしておく。

寿司飯の残りと青紫蘇をのせる

 

残りのサーモンをのせる

 

寿司の端のラップを折り込む

 

6./巻きすでぎゅっとしめる。四角く形を作るようなイメージだとより押し寿司に近い感じになる。ギュッと形をつけたら、皿など重いものを置いて1~2時間しめて出来上がり。

皿などを重石代わりにのせる

 

四角く仕上げるとより押し寿司風に

 

脂がまわって美味!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい