プロ級の味! 苺ひと粒ようかん

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.03.24

待ちに待った苺の美味しい季節がやってきました!いまでは1年中店頭で見られるようになった苺ですが、旬となればさまざまな品種が出回ります。よりどりみどりのなかからお気に入りの苺が手に入ったら、贅沢な苺ようかんにしてみませんか。小豆あんにラム酒を利かせて風味豊かに仕上げます。
粉寒天とこしあんを使えば、手軽にプロ級のようかんが作れます。ポイントは、粉寒天を煮溶かしたあとにしっかり沸騰させること。あんが常温で固まるので、包む前に冷まし過ぎないようにします。

 

苺ひと粒ようかんの作り方
【材料】
・いちご:5〜8粒
・こしあん:200g
・苺ジャム:20g
・水:80ml
・粉寒天:2g
・ラム酒:小さじ1

 

【作り方】
1./苺は洗って、ヘタを取っておく。

苺のへたを取る

 

2./鍋に苺ジャム、水、粉寒天を入れ、火にかける。木べらでかき混ぜながら煮溶かし、1分以上沸騰させる。

粉寒天とジャムを煮溶かす

 

3./火を止めて、こしあんを加え練り混ぜる。ラム酒も加える。

こしあんを練り混ぜる

 

4./ラップを広げ、少し冷ました3のあんと苺を置き、さらにあんをのせる。ラップで包んで輪ゴムなどで止め、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

苺をあんで包み冷やす

 

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい