発酵作り置きおかず! 牛肉の塩麴ケチャップ漬け

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.03.06

新型コロナウィルス感染の影響で急遽、学校も休校になり、共働きのお母さんは子どもたちのご飯作りで奮闘されていると思います。そこで体にもやさしく、作り置きしておけばあとは炒めるだけで出来上がる一品を作ります。今回は塩麴とケチャップを使います。子どもたちが大好きなケチャップで漬け込まれた牛肉は、さっと炒めたらすぐごちそうになります。

 

「牛肉の塩麴ケチャップ漬け」の作り方
塩味の味付けには塩麹を使います。麹の働きで牛肉は多少固くて安くても柔らかくなり、旨味も増し、体にもやさしい発酵作り置きおかずになります。休みの日にまとめて作っておいて、あとは炒めるだけにしておきましょう。

 

【材料】
・牛こま肉:300g(切り落としなどでも良い)
・しめじ:1株
・ケチャップ:大さじ3
・塩麴:大さじ1
・ワイン:大さじ2(できれば赤、ワインがなければ日本酒でもOK)
・胡椒:少々
・ローリエ:1枚(あれば)

材料を用意

 

【作り方】
1./しめじを小分けにしておく。
2./牛肉を食べやすいサイズに切り、チャック付き保存袋に入れる。
3./2に塩麴を入れてよくもみ、その後ケチャップ、ワイン(日本酒)、胡椒を入れて、肉にしっかりもみこむようにする。
4./袋に1とローリエを入れて1日置いて出来上がり。

よく空気を抜いて封をする

 

このまま3週間程度は冷凍できます。玉ねぎやピーマン、トマトなどと一緒に炒めると、ご飯にも、パスタにもあうボリューム感満点のごちそうになります。

子どもも大好きな味

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい