新玉ねぎの水分だけで作る「無水肉じゃが」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.02.26

これから本格的な旬を迎える新玉ねぎは、切ると水分が出てくるほどみずみずしくやわらか。この新玉ねぎならではの水分を生かし、出汁や水は一切入れない「無水肉じゃが」を作ります。水分を加えない分、玉ねぎの甘味と旨味が凝縮され、じゃがいもも水っぽくならずにホクホクに仕上がります。

 

新玉ねぎの「無水肉じゃが」の作り方
新玉ねぎの水分がポイントなので、できるだけ大きく、重くてみずみずしいものを選んでください。また調理する鍋は、野菜の水分が逃げないように、フタがしまるものを選びましょう。

 

【材料】
・新玉ねぎ:大きめのもの1個
・じゃがいも:500g
・人参:中ぐらいのサイズ1本
・しめじ:1株
・牛肉:100g(小間肉でも何でも可)
・醤油:大さじ6
・日本酒:大さじ4
・砂糖:大さじ2
・サラダ油:大さじ1/2

材料を切って準備

 

【作り方】
1./牛肉は一口大、玉ねぎは1cm幅ぐらいの輪切り、皮をむいたじゃがいもと人参は一口大に切る。
2./鍋を熱し、サラダ油をひいて牛肉を焦げ目がつくまで炒める。

牛肉を炒める

 

3./新玉ねぎ、しめじを入れて少し炒め、その上にじゃがいもと人参を入れてフタをし、水蒸気がなるべく逃げないようにして弱火と中火の中間ぐらいに火加減を調整する。この時、途中でフタをあけないようにする。

新玉ねぎとしめじを炒める

 

その上にじゃがいもと人参をのせる

 

4./10分程度経つと、玉ねぎなどの水分が出てくる。そこで醤油、酒、砂糖を入れて再び弱火で5分程度煮る。そこで一度ざっくりかき混ぜ、さらに5分程度煮る。

10分経つとこんなに水分が出る

 

5./じゃがいもと人参に串を刺してみてすっと通ったらできあがり。

いもがホクホクで甘い!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい