旬到来!「新玉ねぎの丸煮」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.02.23

そろそろ新玉ねぎが出回り始めています。白くてみずみずしく辛味の少ない新玉ねぎは、生でよし、炒めてよし、煮てもよしと何でも美味しくいただける食材です。今回はこの新玉ねぎを丸ごと1個、豪快に煮ます。生ではとても食べきれないと思う量でも、煮ると柔らかくトロリとして、1個でも簡単に食べられます。

 

「新玉ねぎの丸煮」の作り方
新玉ねぎは大きめで扁平気味の方が座りもよく、調理しやすいのでおすすめです。根の部分はあまり大きく切りとらず、玉ねぎがバラバラにならないようにしてください。出汁はやや薄めに仕立て、玉ねぎの甘い旨味が入った美味しい汁ごといただきます。

 

【材料】新玉ねぎ大1個あたりの分量
・新玉ねぎ:大きめのもの1人1個
・ひき肉:50g(豚、合い挽、鶏などなんでも可)
・鰹出汁:300ml程度(玉ねぎがほぼ浸かる程度)
・醤油:大さじ1
・日本酒:大さじ1
・塩:小さじ1と1/2
・オリーブオイル:大さじ1

 

【作り方】
1./ひき肉に醤油、酒を入れて混ぜて下味をつける。
2./鍋にオリーブオイルを入れて熱し、ひき肉を入れてパラパラして脂が出てくるまで中火で炒める。

パラパラになるまで炒める

3./2に芽と根を切り表皮をむいた玉ねぎを入れて、油をなじませるようにして少し転がすように炒める。

油がなじむようにコロコロと炒める

 

4./3に新玉ねぎがひたひたになるまで出汁を入れる。塩を加え、鍋底についた旨味をヘラでこそげるようにしながら、アクが出たらすくい取る。時々玉ねぎをひっくり返しながら20~30分ぐらい中火で煮て、竹串を刺してすっと通ったら火を止める。

アクが出たらすくう

5./煮上がった新玉ねぎを器に盛り(柔らかくて崩れやすいので注意)、煮汁をたっぷり入れて出来上がり。

ふっくらツヤツヤ

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい