コクが増す!「酒粕焼き豚汁」の作り方

カテゴリー:味噌 投稿日:2020.02.18

まだ夜は寒い日が続きます。この時期にふさわしいのがからだが温まる具だくさんの豚汁。豚汁は具材を切ってから煮込んで作るのがふつうですが、今回は具材をオリーブオイルで炒めてから豚汁にします。オイルで炒めると肉が香ばしくなり、コクが出ます。さらに酒粕を入れてまろやかに仕立てます。

 

「酒粕焼き豚汁」の作り方
コツはオリーブオイルで豆腐以外の具材をよく炒め、余計な水分を飛ばしてから出汁を入れることです。これで素材の味が濃くなり、コクが増します。隠し味に本味醂を入れると、さらにまろやかな味に仕上がります。

 

【材料】約4人前
・豚小間肉:100g
・大根:200g
・人参:1/2本
・里芋:5個
・ごぼう:1/2本
・生しいたけ:4個
・こんにゃく:1/2枚
・豆腐:1/2丁
・青ねぎ:適量
・オリーブオイル:大さじ1と1/2
※その他好きな具材を入れてください。

 

・鰹出汁:800ml
・味噌:大さじ2
・酒粕:40g
・本味醂:大さじ1/2

野菜は好きなものを

 

【作り方】
1./大根、人参、こんにゃく、生しいたけは同じような大きさに切る。ごぼうは切ってから水にさらしてアクを抜いておく。里芋は皮をむいてひと口大に切る。酒粕と味噌を混ぜてよく溶いておく。
2./鍋を熱し、オリーブオイル、豚肉を入れ、豚肉から脂が出てくるまでしっかり炒める。

豚肉を炒める

 

3./肉から脂が出てきたら豆腐以外の具材をすべて入れ、油を絡めるようにしてよく炒める。

具材をよく炒める

 

4./大根が半透明になるぐらいまで炒めたら、出汁と豆腐を入れて中火~弱火で煮込む。アクが出てきたらすくっておく。

出汁を入れて煮込む

 

5./具材がすべて柔らかくなったら、味噌と酒粕を溶いたものを入れる。最後に本味醂を入れて出来上がり。青ネギをたっぷりのせて好みで七味をかける。

アツアツの豚汁はごちそう!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい