旬の冬大根が美味!「つぼ漬け」の作り方

カテゴリー:漬物 投稿日:2020.11.30

これから旬を迎えて柔らかくキメが細かくなる大根。このおいしい大根でつぼ漬けを作ります。

箸休めやお弁当に添えたり、おつまみになる一品です。作り置きが効くので1本丸ごと作っておきましょう。

 

「大根のつぼ漬け」の作り方

大根は中くらいのサイズなら1本丸ごと使ってもすぐ食べきるほどおいしくできます。しょうがのピリッとした風味と、ごまの香ばしさも効いています。

 

【材料】

・大根:中ぐらいのサイズ1本

・しょうが:30~50g

・塩:大さじ1

・醤油:150ml

・酢:100ml

・砂糖:120g

・ごま:大さじ1

 

【作り方】

1./大根は皮をむいて2mm程度の厚みのいちょう切りにする。しょうがは皮をむき千切りにしておく。

2./大根をポリ袋に入れ、塩を振って手でもんでなじませ、ペットボトルなどで重石をして1昼夜置く。

3./2をザルにあけ、水洗いして塩分を洗い流し、ふきんなどでぎゅっと絞ってできるだけ水分を切る。

4./鍋に醤油、酢、砂糖を入れて煮立てる。煮立ったら、3を入れてひと煮立ちさせる。

調味料を煮立てる

 

塩漬け大根を入れてひと煮立ち

 

5./ひと煮立ちさせたら大根を一度煮汁ごとザルにあける。煮汁だけ鍋に戻して火にかけ、1/3程度まで煮詰める。

煮汁を煮詰める

 

6./煮詰まったら火を止めて大根を戻し、しょうがとごまを入れて和え、保存容器に移して2~3時間置いて味をなじませて出来上がり。

大根を煮詰まった煮汁に戻す

 

箸休めにぴったり!

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい