熊本名物!「一文字ぐるぐる」の酢味噌和え

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.02.07

熊本の郷土料理に、名前もかわいい「一文字(ひともじ)ぐるぐる」があります。もともと「ひともじ」とはわけぎの別称で、これをぐるぐると巻いて作ることからこの名が付いたと言われています。茹でたわけぎをクルクルと巻いて作りますが、一人1束ぐらいは簡単にペロリといけます。巻くことでより食感がキュッキュッとして、食べ応えも出ます。

 

一文字ぐるぐるの作り方
わけぎは、白い部分から茹ではじめて、均等に茹で上げるのがコツです。茹ですぎると青い部分がクタクタになってしまうので注意してください。

【材料】
・わけぎ:1束
・塩:少々
・味噌:大さじ1/2
・酢:大さじ1/2
・砂糖:小さじ1/2

 

【作り方】
1./わけぎの根の部分を切り落として、塩を入れて沸騰させた湯に根元の白い部分から先に1分ほど茹でてから青い部分を茹でる。

均等に茹で上がるようにする

 

2./青い部分を入れてから30秒ほど経ったら引き上げ、水に浸けて冷やす。
3/冷えたら水からあげ、手でぎゅっと水気を絞る。
4./まな板の上に3を伸ばし、5cmぐらいのところで2回折る。

2回折る

 

5./端から青い部分をクルクルと折った部分に巻いていく。余ったら往復して最後まで巻き上げる。

クルクルと巻いていく

 

巻き終わり

 

6./巻き終わりを下にして、味噌、酢、砂糖をよく混ぜた酢味噌をかけて出来上がり。

巻き終わりを下にして盛りつけ

 

酢味噌と合う!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい