ひらひら食感! 長芋の温玉のせ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.02.12

長芋は、古くから滋養強壮によいとされ、亜鉛・カリウムなどのミネラル成分やビタミンB群、食物繊維、ジアスターゼなどの消化酵素、粘膜を保護するぬめり成分などが含まれた栄養豊富な食材です。今回は、だしと温泉卵で、温かくいただきます。食感を楽しむ料理なので、長芋を横にスライスして面を大きくするのがポイントになります。アクが出やすいので、食べる直前に切りましょう。

 

長芋の温玉のせの作り方

【材料】
・長芋:100g
・卵:2個
・だし:100ml
・しょうゆ:大さじ1/2
・刻みのり:少々

 

【作り方】
1./小鍋に分量外の湯を沸かし、火を止める。小さな穴を開けた卵を入れ、蓋をして約6分置き温泉卵を作る。だしは温めて醤油と合わせておく。

温泉卵を作る

 

2./長芋は皮をむいて、スライサーで薄切りにする※。
※手が滑りやすいので安全ホルダーを使うなど注意を。

長芋をスライスする

 

3./器に2と温泉卵を盛り、だしを注いで刻みのりを飾る。

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい