あったかとろ~り! トマトチーズ鍋

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.01.16

令和2年も半月が過ぎ、仕事、新学期など何かとあわただしい日々が続いています。疲れもたまり、寒さがこたえるこの時期、簡単で美味しく、体も温まる「鍋料理」がとてもありがたいですよね。
鍋料理はみんなでテーブルを囲みながら楽しく食事ができ、野菜もたくさんとることができます。

定番の寄せ鍋やすき焼きもいいのですが、子供にも人気のチーズを使ったお鍋はいかがですか。
チーズには、体作りに欠かせないタンパク質やカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。また、チーズの脂質は脂肪球が小さいので分解されやすく、エネルギーとして素早く体に取りこまれます。しっかりと体作りをして、元気になりたいときにピッタリの食材ですね。
野菜をたくさんとれる「鍋料理」とチーズの組み合わせで疲れや寒さを乗り切りましょう。

 

トマトチーズ鍋の作り方
【材料】(4人分)
・ウインナーやベーコンなど:300g
・キャベツ:1/4玉
・ブロッコリー:1株
・玉ねぎ:1個
・じゃがいも:2個
・トマト:1個
・人参:1/2本
・トマト缶(ホールでもカットでも可):1缶
・トマトジュース:200ml
・白ワイン100ml
・水:300ml
・コンソメキューブ:3個
・砂糖:小さじ1~2
・塩、こしょう:適宜
・ピザ用チーズ:300g

 

【作り方】
1./キャベツはざく切り、玉ねぎはくし形切り、人参は厚さ5mmくらいの半月切りにします。じゃがいもは一口大に切って水にさらし、ブロッコリーは小房に分けておきます。

2./1の人参とじゃがいも、ブロッコリーを耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで2分ほど加熱します。

先にある程度火を通しておく

 

3./鍋に1のキャベツ、玉ねぎと2を入れ、ウインナーやベーコンなどお好みの具材を入れます。

鶏肉やエビなど好きな具材でOK

 

4./3にトマト缶、トマトジュース、白ワイン、水を入れ、くし形に切ったトマトを載せます。砂糖とコンソメキューブを入れ、蓋をして中火にかけて煮込みます。

ホールトマトなら適当に切って

 

5./途中、スープの味を見て、お好みで塩・こしょうをして味を整えます。

6./全体に火が通ったらピザ用チーズを入れ、再度蓋をして2分ほど過熱します。チーズが溶けたら完成です。

シメはご飯を入れてリゾットも◎

 

(監修 深尾由起子)

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい