しみる旬の味!「青トマトの糠漬け」

カテゴリー:漬物 投稿日:2020.07.08

家庭菜園で夏の野菜を楽しまれている方も多いと思います。なかでも比較的簡単に栽培できるのがトマト。そろそろたわわに実を付ける時季になってきました。しかし、数が多すぎると実が小さくなるので、摘果(てきか:間引き)する必要があります。今回は摘果した青トマトを活用するため、糠漬けにしました。買ったトマトでも固くてまだ熟していなければOKです。中身の種の部分にまで糠床の旨味がしみて、そのまま食べるのとは違った風味になります。

 

「青トマトの糠漬け」の作り方
青トマトは漬かりにくいので、3日程度漬けます。多少酸っぱくなりますが、かえってトマトにはその方が合うようです。

 

【材料】
・青トマトまたは未熟トマト
・塩

たわわに実った家庭菜園のトマト

 

【作り方】
1./トマトは洗ったら、へたごと丸のままで塩をまぶして漬ける。
2./2~3日漬け込んで出来上がり。

種の部分が美味!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい