サラダ感覚! 中華風白菜のピリ辛甘酢漬け

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.01.13

冬野菜といえば白菜。寒くなればなるほど甘みが増し、まさにこれからが旬を迎えます。定番の鍋物、煮込みなど出汁が染み込んだ白菜も格別ですが、本日はサラダ感覚でいただける一品をご紹介します。軸の部分はシャキシャキして、白さも鮮やかで食欲をそそります。

仕上げにかけるごま油やお好みで振りかけていただく花椒(ホワジャオ)は、白菜の淡白な味わいを引き立ててくれます。冷蔵庫で4~5日は保存可能です。時間をおくと、さらに美味しくなります。ぜひお試しください。

 

【材料】2~3人分

・白菜:200g

・にんじん:20g

・塩:小さじ1/2~1

・ショウガ:10g

・赤トウガラシ:1本

・ごま油:大さじ1/2

・花椒粉末:お好みで加減してください

★調味料

・砂糖:大さじ1と1/2

・酢:大さじ3

・塩:1つまみ

 

【作り方】

1/白菜は軸と葉に分け、軸の方は長さ5㎝幅1㎝の拍子木切りに、葉の方は食べやすい大きさに切る。にんじんは千切りにする。

材料を切り分ける

 

2/ショウガは細い千切りに、赤トウガラシは種をとり小口切りにする。

 

3/1をボウルに入れ、塩を加えて時々混ぜながら、30分ほどおく。

 

4/調味料を合わせ、2を混ぜる。

砂糖をよく溶かす

 

5/3の水分をキッチンペーパーなどで拭きとり、4と混ぜ合わせる。

 

6/ごま油を鍋で温め、5にかけて出来上がり。お好みで花椒を振りかける。

ごま油の香りが立ってきたらOK

 

出来上がり

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい