甘み全開!「冬ねぎの柚子香味漬け」の作り方

カテゴリー:漬物 投稿日:2020.01.08

これからどんどん甘く柔らかくなって美味さが増す冬の長ねぎと、旬の黄柚子を使った「冬ねぎの柚子香味漬け」を作ります。ねぎは一度焼き付けてから漬け込むので、甘みがぐっと引き出され、トロッとした中身と柚子の香り、酸味がとてもよく合います。

 

「冬ねぎの柚子香味漬け」の作り方
今回は長ねぎ1本分で作りますが、分量に応じて柚子や調味料の量を調整してください。

 

【材料】
・長ねぎ:1本
・柚子:2個
・醤油:大さじ1
・日本酒:小さじ1
・出汁昆布:5cm程度
・鷹の爪:1/2本分(輪切り)
・オリーブオイル:大さじ1/2

今一番美味のねぎと柚子

 

【作り方】
1./長ねぎは青い部分も含めて5cm程度に切る。
2./柚子1個は果汁を搾り、もう1個は薄く輪切りにしておく。
3./保存容器に、出汁昆布、2の柚子果汁、醤油、日本酒、鷹の爪を入れ、輪切りの柚子を半分並べて入れる。
4./フライパンを熱し、オリーブオイルをひいてねぎを焼く。冬のねぎはすぐ柔らかくなるので、柔らかくなったものから順にあげて、熱いうちに3に入れていく。

ねぎが柔らかくなるまで焼き付け

 

5./4の上に残りの輪切り柚子を並べる。ふたをして半日~1日冷蔵庫に入れておけば出来上がり。

上から柚子をのせて漬け込む

 

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい