『発酵手帳 2020』発売開始!! 見やすく、使いやすくバージョンアップ!

カテゴリー:ニュース 投稿日:2019.10.16

当サイト『丸ごと小泉武夫食マガジン』は2015年11月に創刊以来、レシピを中心に発酵にまつわる記事を毎日配信してきました。その新たな展開として昨年、『発酵手帳2019』を発売。WEBサイト『丸ごと小泉武夫 食マガジン』の人気記事のエッセンスを紹介し、QRコードを読み込めばサイトにアクセスできてより詳細なレシピや文章を堪能できる画期的な手帳として注目を集めています。

 

『発酵手帳』の7大特徴

(1)発酵食に特化した日本初の手帳

(2)QRコードでWEB『丸ごと小泉武夫食マガジン』にアクセス

(3)手軽な文庫サイズで1日1ページ仕様

(4)全ページ180度開けて使いやすい

(5)日々役立つ発酵食レシピを満載

(6)発酵学者・小泉武夫先生の考えや思いが伝わる

(7)巻末付録で発酵に関する知識が深まる

 

そして2020年版はさらに充実!

▼表紙はグレーを基調に黄色いワンポイントをあしらったスマートなデザイン。

▼月間(マンスリー)ページは、拡充して2019年12月~2021年3月までを掲載しています。

▼毎日のページには、欄外コラム、発酵・食に関連した記念日や旬の情報のほか、新たに季節を慈しむ二十四節気七十二候を追加。

▼巻末付録はページ増でパワーアップ。イラストで発酵手仕事をよりわかりやすく解説しました。

▼QRコードの認識率を向上。

 

【巻末付録 発酵食品に関するデータ集】目次

1/都道府県別発酵食品一覧

2/世界の主な発酵食品

3/発酵調味料の違いと使い方

4/発酵調味料の配合割合表

5/発酵カレンダー

6/発酵手仕事〔甘酒の作り方、塩麹・醤油麹の作り方、玄米納豆の作り方、超簡単梅干しの作り方、米麹の作り方、美味しい糠床の作り方、100%柿酢の作り方、ポリ袋で作る味噌の作り方、チーズを種にするチーズの作り方、手作り発酵トラブルシューティング、発酵と主な微生物5種、発酵の仕組み【味噌の場合】、京都曼殊院の菌塚〕

 

個人で使うほかにプレゼントや企業などの贈答用としても喜ばれる内容になっています。『発酵手帳』を活用し、発酵の魅力とチカラをもっとよく知って、365日発酵ライフを実践しましょう。

 

◎入手方法 全国の書店やインターネットサイトなどで販売。

『発酵手帳 2020』

文庫版サイズ(厚さ1.6×横10.5×縦14.8 cm)

464頁

本体2,000円+税

発行:株式会社IDP出版

ISBN:978-4-905130-30-7

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい