乳酸菌パワーで旨味アップ! 豚肉の糠漬け

カテゴリー:漬物 投稿日:2019.09.24

糠漬けといえばキュウリや大根などを思い浮かべますが、肉を糠漬けにすることもできます。以前、鶏肉の糠漬けを紹介しましたが、肉を糠漬けにすると、乳酸菌の働きで柔らかくジューシーに漬け上がります。味噌漬けは味がしっかりついて肉が締まった感じになり、塩麴漬けは柔らかく甘味が増しますが、糠漬けは糠独特の香ばしさと、乳酸菌の働きで旨味が加わります。

 

豚肉の糠漬けの作り方
今回はやや固めの肩ロースを使いますが、漬け上がりはとても柔らかくなります。肉は厚切りの方が美味しいので、ソテーが向いています。また、糠は糠床から取り出して肉になすり付けるだけの分量があれば十分です。

 

【材料】(2人分)
・豚肉:肩ロースやロースの厚切り2枚
・糠床の糠:大さじ2~3
・醤油:適宜

 

【作り方】
1./糠床の糠の塩気をみて、風味づけに醤油を少々足す。
2./豚肉に1をまんべんなくなすり、チャック式保存袋に入れて空気を抜き、1~3日程度冷蔵庫で漬ける。漬け加減はお好みで。

保存袋で漬け込む

 

3./漬け上がったら、水で洗って水気を拭き取り、ソテーして出来上がり。

漬け込んで柔らかくなっている

 

独特の香ばしい糠の香りのソテー

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい