【発酵離乳食】1歳でも食べられる“誕生日ケーキ”

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.07.22

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
赤ちゃんが生まれて初めて迎える1歳の誕生日は、日本では生涯の健康を願って“誕生餅(一升餅)”で祝う伝統行事があります。海外では手づかみでケーキを丸ごと自由に食べてもらう“スマッシュケーキ”が定番です。

“スマッシュ”とは英語で”壊す”つまり壊しながら食べるケーキで、アメリカで始まり、今やファーストバースデーには欠かせないイベントになっています。

赤ちゃんも喜ぶスマッシュケーキ

 

しかし、市販のケーキは、生クリームやお砂糖がたっぷり入っていて、1歳の乳幼児には負担がかかってしまいます。離乳食中でも安心して食べられる水切りヨーグルトと食パンで作る“スマッシュケーキ”はいかがですか。

 

“スマッシュケーキ”の作り方
【材料】
・プレーンヨーグルト:400g
・サンドイッチ用食パン:3枚
・お好みの果物や野菜(今回はバナナ、ブルーベリーを使用)

 

【作り方】
1./ヨーグルトは一晩水切りしておく(水切りヨーグルト&ホエー活用法 )参照。

2./サンドイッチ用食パンを半分に切り長方形6枚を作っておく。1枚1枚に水切りヨーグルトを塗り、細かく切った果物をのせて端から巻いていく。

ロールケーキ状にしていく

 

3./2を重ねて次々に巻き、6枚すべてを巻いたらラップに包んで冷蔵庫で1時間程なじませる。

なじませると食べやすくなる

 

4./3の周りに残りの水切りヨーグルトを塗り、果物でデコレーションしたら出来上がり。

スプーンだと塗りやすい

手づくりケーキでお祝い

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい