夏はイタリアの冷菓子
「セミフレッド」!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.07.05

イタリアには「セミ=半分」「フレッド=冷たい」、つまり「半分冷たい」という名前のお菓子があります。
「凍った」という意味のジェラートに対して、セミフレッドは「半解凍」で食べるのがよいとされている、それはそれはおいしい冷菓子です。
アイスクリーム好き、チーズケーキ好きなら、ぜひともお試しを。

 

包丁も火も使わない
本格的レシピと超簡単レシピをご紹介します。
どちらのレシピも、包丁も火も使わないので、子どもたちと一緒に作っても安心です。
フルーツやチョコレート、ジャムを使って、バリエーションも楽しめますよ。

 

~~セミフレッドの作り方、本格的レシピ~~
生クリームと卵白をそれぞれ泡立てます。とろける食感と優しい味が特長です。
泡立てに使う容器に、水や油が付いていると泡立ちません。しっかり拭き取っておいてください。

 

【材料】
・クリームチーズ(室温で柔らかくしておく):200g
・生クリーム:200g
・グラニュー糖:30g(20gと10gに分けておく)
・卵(卵黄と卵白に分けておく):1個

 

【作り方】
1./クリームチーズにグラニュー糖20gを入れて、すり混ぜる。卵黄を加えて、よく混ぜる。

滑らかになるまで混ぜる

 

2./生クリームを泡立てる。1に加えて混ぜる。
3./卵白にグラニュー糖10gを加えて、ツノが立つくらいまで、しっかり泡立てる。
4./3に2を入れ、底からすくうようにして空気を含ませるつもりで、よく混ぜる。

空気を混ぜ込むつもりで

 

5./容器にラップを敷き、4を流し入れる。

ラップで包む

 

6./冷凍庫で、3時間以上、凍らせる。
7./食べる前に取出し、切り分ける。やや柔らかくなった程度が食べごろ。

 

~~セミフレッドの作り方、超簡単レシピ~~
10分で作れます(冷凍時間は別)。泡立てなし、材料を混ぜるだけ。本格的レシピに比べると、チーズの味が濃厚に感じられます。

 

【材料】
・クリームチーズ(室温で柔らかくしておく):200g
・グラニュー糖:50g
・ヨーグルト:100g
・粉ゼラチン:10g
・水:50ml
・レモン:1/2個(果汁を絞っておく)

 

【作り方】
1./クリームチーズとグラニュー糖とを、なめらかになるまで、すり混ぜる。
2./ヨーグルトとレモン果汁を入れ、よく混ぜる。
3./水にゼラチンを振り入れて、ふやかし、電子レンジ600Wで10秒加熱する。ゼラチンが溶けていなければ、さらに10秒加熱する。
4./2に3を加えて、よく混ぜる。
5./以降は、本格的レシピと同じ。

 

~~バリエーション~~
●ジャムをかけて
お好みのジャムをかけて召し上がれ。

イチゴジャム使用

 

●フルーツ・セミフレッド
容器の底にフルーツや缶詰めなどを敷き、その上に4を流し入れる。

マンゴーの缶詰め使用

 

●チョコ・セミフレッド
ココア粉末を少量の水で溶かし、工程4の後に流し入れて、軽くかき混ぜる。

マーブル状に

 

●ドライフルーツ・セミフレッド
お好きなドライフルーツを適量、工程4の後に流し入れて、混ぜる。

ミックスドライフルーツ使用

 

福田恭子/フリーランス・ライター。京都市生まれ。ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50カ国で取材。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい