小泉センセイ直伝! フランクフルトの粕漬け旨し!

カテゴリー:漬物 投稿日:2019.04.21

小泉センセイから「簡単なのにうまいよ!」とオススメ第2弾!フランクフルトの粕漬けを作ります。洋風の素材に酒粕が不思議と合います。しかも簡単、漬け込むだけ。漬け上がったフランクフルトをソテーすると酒粕の芳香が漂い、小泉センセイの表現と同じようにピュルピュルと涎(よだれ)が出ます。
ビールはもちろん、日本酒にも向くおつまみになります。また旨味がしっかり入るので、弁当のおかずにもなります。

 

フランクフルトの粕漬けの作り方
漬け上がると酒粕の旨味が入ってとてもジューシーになります。細いウインナーで作る場合は、漬け込む期間を半分ぐらいに短縮してください。

 

【材料】
・フランクフルト:適宜
・酒粕:フランクフルトが隠れる程度
・本味醂:少々

材料はこれだけ

 

【作り方】
1./保存袋に酒粕と本味醂を入れ、手で揉んで柔らかくしておく。
2./1にフランクフルトを入れ、袋の上からまんべんなくフランクフルトに酒粕がつくようにして、冷蔵庫で1週間漬け込んで出来上がり。

まんべんなく酒粕をつける

 

ソテーする際には焦げやすいので注意してください。

酒粕の旨味が入って美味!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい