お花見の新定番! 桜でんぶの卵焼き

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.03.22

桜でんぶは、ちらし寿司や巻き寿司のいろどりとして使うのが定番ですが、卵に加えれば、ほんのりピンクの卵焼きになります。材料の白身魚の風味が効いて、大人好みの味に仕上がり、お花見にもぴったりの一品です。

 

【材料】

・卵:3個

・桜でんぶ:大さじ3~4

・酒(水):大さじ1

・醤油:小さじ1/2

 

【作り方】

1./卵を溶き、桜でんぶ、酒、醤油を混ぜる。

卵液に桜でんぶを混ぜる

 

2./卵焼き器を熱し、油を引いて卵液の1/3を注ぎ軽くかき混ぜる。半熟状になったら、端から巻く。卵焼き器に再び油を引いて、残りの卵液の1/3を注ぎ、焼けてきたら巻く。これを繰り返す。

卵を巻く

 

できあがり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい