旬の白菜で“ピクルス”を!

カテゴリー:漬物 投稿日:2019.02.15

食事の箸休めやお酒のお供に、ピクルスがあると嬉しいですよね。ピクルスはお酢の抗菌効果により、日持ちのするお惣菜です。食卓が少し物足りない時の「あともう一品欲しい!」を叶えてくれるので、常備菜として作っておくと便利です。
今回は、白菜で作るピクルスをご紹介します。白菜は和食のイメージが強い食材ですが、旬の白菜は肉厚で甘みが強く、お酢の酸味と好相性。ピクルスにして、旬の白菜をたくさんいただきましょう。

 

白菜ピクルスの作り方

【材料】
・白菜:1/8個
・お好みの野菜:150~200g(今回はパプリカ1個と人参30gを使用)

 

●ピクルス液
・酢:250ml
・水:150ml
・砂糖:大さじ3
・塩:小さじ1
・粒胡椒:5~6粒
・鷹の爪:1本(種は除いておく)
・ローリエ:お好みで(なくてもよい)

 

【作り方】
1./白菜は2cm程度の幅に切ります。小さじ1/2の塩(分量外)を揉みこみ、しばらく置きます。

全体に塩を馴染ませる

 

2./鍋にピクルス液の材料を全て入れ、火にかけます。ひと煮立ちしたら火から下ろし、冷まします。

サッと沸かして粗熱をとる

 

3./2を冷ましている間に、他の野菜も食べやすい大きさに切っておきます。

彩と栄養価をプラス

 

4./食品用保存袋などに、軽くすすいでしっかりと水気を絞った1を入れます。3を加え、2のピクルス液を注ぎ入れます。

出来るだけ空気を抜いて密封

 

5./冷蔵庫で半日程漬けて完成です。お好みで、粗挽き胡椒や一味、オリーブオイルを加えるなどアレンジするのもオススメです。

オリーブの輪切りをあしらっても

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい