飴を絡めて、カリカリ大学芋!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.02.14

誰もが笑顔になる定番おやつの大学芋、タレではなく飴を絡めて作ってみませんか。一口噛むと、カリっとした後にホクホクの芋が味わえます。さつま芋は、加熱しても壊れにくいビタミンCや食物繊維など、嬉しい栄養がたっぷりです。飴を絡めたら、芋同士がくっつかないようバラバラにして粗熱をとります。温かいうちに頂きましょう。

 

【材料】
・さつま芋:1〜2本
・揚げ油:適量
・砂糖:大さじ5
・水:大さじ1
・醤油:小さじ1/4
・酢:小さじ1/4
・炒り胡麻:少々

 

【作り方】
1./さつま芋は乱切りにして、水に5〜10分浸す。

さつま芋を切って水に浸す

 

2./1の水気をふき取り、約160℃で揚げる。竹串が通る程度に火が通ったら、温度を上げて、カラリと揚げる。

油でカラリと揚げる

 

3./フライパンに砂糖、水、醤油、酢を入れ、火にかける。溶けてきたらフライパンを傾けてさらに熱し、飴状になったら火を止め、2を加えて絡める。炒りごまを散らして、オーブンシートの上にくっつかないように広げる。

飴を絡めて炒りごまをふる

 

粗熱が取れたら出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい