冬の炊き込みご飯!プリプリの「牡蠣めし」の作り方

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.01.31

今がまさに旬、濃厚な旨味の牡蠣で「牡蠣めし」を作ります。簡単にできるのに、お店で食べるような炊き込みご飯は、何杯でもおかわりできそう!牡蠣は熱を通し過ぎず、ふわっと柔らかく仕上げるのがコツです。

 

「牡蠣めし」の作り方
牡蠣は味が濃厚で旨味が豊富な加熱用を使います。さっと煮て別にとっておき、その煮汁を出汁にして炊き上げます。

【材料】
・米:2合
・生牡蠣(加熱用):150g程度
・生姜:20g程度(皮をむいて千切りにしたもの)
・出汁昆布:10cm

●牡蠣を煮る調味料A
・日本酒:大さじ6
・醤油:大さじ2
・本味醂:大さじ1

●炊き込みご飯の調味料B
・日本酒:大さじ2
・醤油:大さじ2と1/2

 

【作り方】
1./米を研ぎ、30分~1時間程度水に浸けてからザルに上げておく。
2./牡蠣はザルに入れ塩水で振り洗いして汚れを取り、ザルに上げて水気を切る。調味料Aに30分程度浸けておく。

塩水で洗ってザルに上げる

 

30分程度下味をつける

 

3./鍋に2を入れ、牡蠣がふっくらとしてくるのを目安に2~3分煮る。煮上がったら、煮汁と分けて取りおく。煮汁は冷ましておく。

牡蠣がぷっくりしてきたら煮上がり

 

4./土鍋または炊飯器に米を入れ、出汁昆布、千切り生姜を入れる。3の煮汁とBを入れてから普通の水加減で炊く。

出汁昆布と生姜を入れて普通に炊く

 

5./炊き上がったらすぐに、牡蠣を上にのせて10分程度蒸らして出来上がり。

プリプリの牡蠣の旨味がオツ

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい